相模原納涼花火大会2023の日程は?屋台や穴場、駐車場情報も紹介

花火大会

大規模な花火大会が多い神奈川県の中でも最大規模で約10万人が訪れるのが相模原納涼花火大会です。

大スターマインと空中ナイアガラ、フィナーレの百花繚乱は毎年多くの人を魅了し続けています。

そして、数々の屋台も魅力の一つです。

今回はそんな相模原納涼花火大会の日程や見どころ、屋台などの詳しい情報を紹介します。

相模原納涼花火大会2023の日程

・開催日:2023年8月26日(土)
・開催時間:19時00分〜20時30分
・観覧会場:相模原市中央区水郷田名 相模川高田橋上流
・打上げ数:約10,000発
・来場者数 約10万人

※雨天の場合は翌日に延期、翌日も開催不能な場合は中止になります。

相模原納涼花火大会2023 会場へのアクセス方法

会場へのアクセスは下記の通りです。

電車でのアクセス

JR横浜線「相模原駅(南口)」より路線バス
「水郷田名」行きバス(相17系統田名バスターミナル経由)(1時間に2本程度) 終点「水郷田名」下車、徒歩5分

JR横浜線「淵野辺駅(南口)」より路線バス
「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統上溝経由)(1時間に2本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分

JR相模線「上溝駅」より路線バス
「田名バスターミナル」行きバス(淵53系統)(1時間に2本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分

徒歩だと約1時間です

JR横浜線「橋本駅(南口)」より路線バス
「田名バスターミナル」行きバス(橋57系統榎戸経由)(1時間に3本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分

「田名バスターミナル」行きバス(橋59系統葛輪経由)(1時間に1本程度) 終点「田名バスターミナル」下車、徒歩15分

花火大会当日の注意事項

相模原納涼花火大会2023当日は、JR横浜線各駅から2時間以上かかる事が予想されます(通常時は30分程度)

ですので、各駅とも15時頃までにバスに乗車されないと開始に間に合わない恐れがありますのでご注意ください。

当日は相模原駅、橋本駅、淵野辺駅の3駅から臨時便の運行も予定されていますが、乗客数により運行するので本数は未定です。

相模原駅は13:30頃、橋本駅及び淵野辺駅は14:00頃から増発し、 帰りの臨時便は乗客数に応じて随時増発予定となっています。

車でのアクセス

・「さがみ縦貫道(圏央道)相模原愛川IC」から国道129号線経由 約20分

・「さがみ縦貫道(圏央道)相模原IC」から県道511号線経由 約20分

・国道16号「相模原駅入口」交差点から県道503号線~54号線~63号線経由 約15分

相模原納涼花火大会当日は、周辺の複数箇所で交通規制が敷かれ、大会用の駐車場もないため、可能な限り公共交通機関の利用をオススメします。

駐車場

相模原納涼花火大会では、臨時駐車場が用意されます。

事前の予約が必要になりますので、車で来場される方は事前の予約をしっかりとしましょう。

事前予約ページはこちらです。

相模原納涼花火大会2023 屋台情報

相模原納涼花火大会の大きな見どころの1つが魅力あふれる屋台の数々です。

2022年までは新型コロナ対策で規模を縮小していましたが、ようやく平常が戻ってきそうです。

屋台出店場所

相模原納涼花火大会の屋台は、会場周辺(相模川高田橋周辺)で、有料観覧席エリアではキッチンカーも出店予定です。

営業時間は15時~21時頃となっています。

また、2023年は無料観覧エリアにも屋台が出店されるとの事なので楽しみが増えました。

屋台の種類

相模原納涼花火大会2023の有料席の種類と販売期間は?

相模原納涼花火大会の有料席と申込期限を紹介します。

有料席

相模原納涼花火大会では、市民協賛エリアとして有料席の販売があります。

販売期間
先行販売 2023年7月13日(木)10時~
一般販売 2023年7月22日(土)10時~
販売終了 2023年8月25日(金)23時59分

自由観覧エリア 3,000円 販売中
自由観覧エリア ※駐車券付き:5,500円 売り切れ間近
指定席(パイプ椅子席)5,000円 ※チケットのみ 完売
指定席(パイプ椅子席)※駐車券付き:7,500円 完売
プレミアムリクライニングシート※シート2席、駐車券、ドリンク2杯付き:37,500円(限定20セット)完売

相模原納涼花火大会2023の穴場スポットは?

相模原納涼花火大会の穴場スポットを紹介します。

①相模原麻溝公園

相模原麻溝公園は、相模原納涼花火大会の会場からはやや距離がありますが、視界を遮る建物などがなく、非常に広いので混雑を気にせず花火を堪能出来ます。

また、車でのアクセスも良好でトイレも完備されているため非常に人気のスポットです。

ただし、会場から遠いので低い位置の花火が見えないのと、公園の展望台は営業時間外になるので入れないのでそこは注意が必要です。

②三栗山スポーツ広場の駐車場

会場の対岸の穴場スポットとしてオススメなのが、三栗山スポーツ広場の駐車場です。

それほど混雑もしていないので花火鑑賞のスポットとしては非常にオススメです。

横山公園も相模原納涼花火大会会場から離れているので低い位置の花火は見えませんが、人混みも少なくゆっくり花火を鑑賞できます。

④ヨークフーズ田名店の屋上

例年、相模原納涼花火大会当日に屋上が開放される非常にオススメの穴場スポットです。

店内で買い物が可能でトイレもあるので安心ですね。

ただ、当日は非常に混雑するので早めに到着するようにしましょう。

⑤コピオ愛川屋上駐車場

こちらも屋上が無料で開放されているオススメの穴場スポットですが、やはり当日は非常に混雑するので早めに到着するようにしましょう。

まとめ

今回は相模原納涼花火大会2023の日程や屋台情報、チケット、穴場情報などをご紹介しました。

新型コロナも落ち着いたので、今年は特に混雑することが予想され、公式サイトでもバス到着まで非常に時間がかかる事が予告されていますので、参加される方は時間に余裕を持って出かけて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました